SS

ウォーキングデッドのシーズン7が終わり、次シーズンまでの
穴埋めに別ドラマを探していたら...

出会ってしまいました!
その名も「ウエストワールド」
70年代映画のリメーク版?です。

ウエストワールドという、西部劇の世界を再現したテーマパークが
舞台のドラマで、精巧なアンドロイドを相手に来園者の欲望のままに
楽しむことができるのがウリです。
そのアンドロイド達は、シナリオ通りに動き、記憶も定期的にリセットされますが
徐々に異変が出始め...という感じで物語が進んでいきます。
現在シーズン1の最終話までが公開されており、2018年にシーズン2が
全米公開予定だそうです。

シーズン5・6くらいまでの構想がすでにあるようなので、ストーリーが
途中で破綻することもなさそうです。
なにより、このドラマ...
全裸シーンが非常に多いです(男女ともに)
アンドロイドのメンテナンスの際、必ず全裸なんですよ。
たまに画面の7割がモザイクなんて場面もあります。
ただ、間違いなく面白いのでお勧めです。

前置きが長くなりましたが、
クワカツへようこそ
ちょくです。

ヘラヘラのマット交換、後編をお届けします。

今回は、♂3頭と♀です。

前回106g
20170424080500ff0.jpg

前回90.2g
20170424080458f81.jpg

そして!
今回も出ました早期派(汗)
容器の蓋を開けた時点で、怪しい雰囲気が漂っていましたが
予想通り
201704240805002dd.jpg
蛹室です。
これで♂8頭中2頭が、孵化後1年未満での蛹化(準備)です。
前回100gを超えていた幼虫だったので、期待していたんですが...。

あと、♀は全て蛹化していました(汗)






スポンサーサイト

ワールドレコード更新

伝わるかなぁ~ 伝わんねぇよな~
2017041708160479e.jpg
インペラ♂デカく見えるんだよな~

クワカツへようこそ
ちょくです。

ガス抜き状態のまま、2週間ほど放置されていたマットを使い
ヘラヘラのマット交換をしました。
4L分になります。

前回97.5g
201704170812149d2.jpg

前回92g
20170417081217cf0.jpg

前回95g
20170417081219b5d.jpg

前回97.9g
20170417081219db2.jpg
前回の交換から2.5~3ヶ月経過しており、全頭120~130g台を期待して
いましたが、非常に残念な結果となりました。
YAKEKUSO気味で、今回はマットを全交換しました。


そして!前回75.7gから62.9gへ減量していた幼虫。
蛹化していました(汗)雌雄判別間違っていたのかな。
もちろん、オアシスの用意なし。
幸い、蛹室と周りのマットが崩れていなかったので、そのまま
小ケースに移し替えようと、持ち上げるとまさかの崩落(汗)

で↓
201704170812172a6.jpg
♀だと思ったら、まさかの♂。
グラシロより小さいでしょう、コレ。

孵化から1年以内のスピード蛹化、サイズどれをとっても
ワールドレコード...

次回、マット交換後編でお会いしましょう。
バーイ

それでも僕はPekoらない

昨日の予告通り、トカラノコのマット交換です。

昨年11月に交換したボトルが、こうなったうえに
20170203021210f57.jpg
こうなってます(汗)
201702030212111ab.jpg
いいマットなんですが、水分量をミスると、うちの環境では
こうなります。
少し使いにくいので、今回からむし博士のマットに統一しようと思います。
20170203021208228.jpg
先日までのヘラヘラの交換は、糞を取り除き、減った分を追加するという
苦行でしたが、今回は全交換なので詰めるだけ。
201702030212087c4.jpg
しかも5本なので秒殺です。

そういえば、
ヘラヘラといえば、以前4頭の幼虫を購入していました。
飼育過程で、♀1頭を残し3頭が死亡。
で、その♀が昨年蛹化していました。
最終交換時に86gあったので、どんなサイズになるのか
気になっていました。
トカラの交換は瞬殺で終わると思うので、ちょっと見てみましょう。
20170203083958819.jpg
8月の交換を最後に、いかに放置していたかがわかりますね。

掘っていくと、蛹室が♀にしては長いことに気づきました。
相当デカイ♀なんだね。
20170203021324c0c.jpg
角生えてるけど。

20170203021136f11.jpg
...

全くの放置だったのに。
201702030211380fd.jpg
凄く自分好みのスタイルです。

20170203021139ee8.jpg

サイズは122mm。
20170203021141e55.jpg
♀だと思っていたので、3L程度の容器で飼育していました。

Pekoってないし
20170203021142b6d.jpg
さんざん手をかけたが、138mmのPekoリッキー。
放置だけど自分好みのスタイルな122mm。

あなたならどちらを選びますか?




にほんブログ村

問題はそっちじゃない

先日蛹化した、ムニスゼッチ♀ですが
20170131063408867.jpg
久々に見てみたら、↑のようにおかしな色になってます。
あ、
画像加工してましたね。
わかりやすく説明すると、ヘラクレスの3令幼虫の糞より
一段ライトな色です。いずれにしてもお見せできるような色ではありません。
念のため、少し様子を見ることにしますが、死んでいるような気がします(汗)


と、いうことで
ヘラクレス幼虫、最後の2頭の交換をしました。

交換対象のこの幼虫ですが、なにかおかしい。
これまでだと、容器の蓋をあけた際にマット上部に少数ながら糞が
ありました。
が、この幼虫中まで掘ってみても、糞の量が少なすぎる(背中冷汗)

28/08 23.5g
28/11 75.7g
20170131063404724.jpg
今回のマット交換とおして、初の減。

続いての幼虫
こちらは大丈夫そう...かな?
20170131063405426.jpg

28/08 22.5g
28/11 78.6g
201701310634061e6.jpg
これも100gに届かず。

個人的には、残念な結果となりましたが、概ね順調です。
成長の悪かった幼虫も、♂8頭のうち1頭ですから、許容範囲では
ないでしょうか。

これで、交換用マットを入れていたコンテナが作業スペースから
消えました。これで、作業効率アップ!
が、次の作業が ない!

成長不良より、蛹で死んでるよりそっちが問題だ...。




にほんブログ村

だが未定

マット交換を躊躇っていたら、サタンが蛹室を作り始めました。
見える場所に♂が作っていたので、姿の見えない♀も多分...
死んでいなければ。


と、いうことで
やっとヘラクレスのマット交換ができました。
と言っても時間の都合で2頭です。

まずは、期待の1頭から
201701300807410ba.jpg
うーん、微妙...
期待してたんですけどね。

...

....

あ!
いつもの癖でモザイクをかけていましたね。

28/08 19g
28/11 83.7g
201701300608337d4.jpg
いや~微妙。

つづいて
28/08 20g
28/11 71.6g
20170130060836074.png
100gすらいかないという。

以前も書きましたが、今回の交換で目標120g、最低でも100gと目標を
設定していました。
これは、惨敗の予感しかしない。
残りの2頭は、せめて最低ラインの100g超えを!

ただ、最後の2頭の交換は...いつ?





にほんブログ村

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】