春星

本日の札幌の予想最高気温3℃
春真っ盛り!!


前回までのクワカツ

昨年6月孵化のヨツボシたちが続々羽化。
ただ、多くが羽化まで辿りつけずに死んでいることが発覚。
モチベの急落・累代の危機に陥るが、40mm超えの♂の登場により
星はまたその輝きを取り戻した。



昨年までは、500cc1本返しだったヨツボシ飼育。11月孵化の幼虫です。
20170315080330db1.jpg
2度目のマット交換となりますが、次期は800ccでいこうと決めました(汗)

20170315080328263.jpg
モリモリ成長期の幼虫もいれば

20170315080332151.jpg
早々に羽化したものも。
意外にバラツキがあります。
昨年までは、こんなことは少なかったんですが...。
管理温度の問題でしょうか。

で、昨日交換したマルガリータ。
交換したマットが、いつものむしHのギネスマットではありませんでした。
無添加のマットではあるのですが、少し不安でした。
20170315080330fe1.jpg
今朝確認してみたら、全頭潜っているようなので安心しました。





にほんブログ村
スポンサーサイト

RISING STAR

以前掘り出した、ヨツボシでしたが...

あと2頭いたのを完全に忘れていました(汗)

前回が散々な結果だったので、期待せずに掘り出しましたが

意外に大きく
201703060644380de.jpg

2017030606444044d.jpg
40mmを超えてきました。

我が家では珍しい黒系
20170306064440489.jpg
♂♀ともに不全なし。
サイズも及第点。素晴らしい!
累代は別系統でと考えていましたが、このペアでいこうと
思います。




にほんブログ村

救いのない世代

ついに謹慎処分が解け、元気いっぱいです!!

自粛していた、ムシ作業も再開。
5時起きで作業しました。

優先順位でいくと、インペラ事案なんですが、♀用の容器がないので
先にヨツボシ事案から着手しました。

昨年6月孵化のヨツボシ6頭分です。

が、

3頭死んでました(汗)

で、残りの3頭ですが
しばらく♂だと気付かないくらいのサイズ。
20170223083011c83.jpg
20170223083012c4e.jpg
おそらく歴代最小。

これも♀かと思った
201702230830168ec.jpg
20170223083017d3d.jpg
少し羽P

やっと人前に出せるサイズ
2017022308301342a.jpg
20170223083014192.jpg

というわけで、半分死んだ上に全部♂という(滲脇汗)

累代は、昨年11月孵化の世代へ託しました。





にほんブログ村

マジカル★☆★☆

以前少し触れましたが、11月孵化のヨツボシが
2017020808270839a.jpg
蛹化しました。

で、同じセットからの幼虫が
201702080827098e1.jpg
結構大きくなっています。

モンゾーニの交換に使ったマットが、少し余っていたので
交換しました。

今回の最大
20170208082710736.jpg
テルシテス級は、この1頭だけ。

以下
13.5g
15.8g
16.2g
15.1g
ちょっと期待外れでしたが、430ccプリカなのでしかたないかも
しれないですね。
でも、大きく見えたんだけどな~。プリカマジック...






にほんブログ村

蒼い春

マットのガス抜きのため、ヘラクレスのマット交換が中断しています。

タランドゥスのボトル交換も、残りの3本はまだ尚早。
ネタを探して、各種容器を物色していたら

11月孵化のヨツボシ幼虫が蛹室を作っていました(汗)
201701270003485ec.jpg
まだ3ヶ月。いやいや、ペレメタの♀じゃないんだから(冷汗)

この1頭だけかと思ったら
201701270003507ff.jpg
数頭いました。

同じ孵化時期でも、モリモリ食って、ブリブリ糞をしている幼虫も。
2017012700035153b.jpg
そもそも、昨年6月孵化組が、ちらほら羽化し始めたこの時期。
なんだろう、この感じ...。
累代体制が盤石になると思えば...いい...のか?

と、いうわけでグラシロ奇跡の1頭(百数個の卵から唯一孵化した)が
羽化していました。
20170127000353bc2.png
わかっていたけど♀です。

本当は、このレジェント的な成体で累代したかった。




にほんブログ村

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】