ニジイロクワガタ割り出し

ニジイロクワガタの割り出しの結果です。
爆卵棒キューブをわってみると。



結構奥まで産卵床があります。
本当にお疲れ様です。







結局、幼虫10頭、卵2を回収しました。
うち、卵1つはダメっぽいです。
スポンサーサイト

大丈夫...だよね?

せっせと寝床を作っていたクルビデンス。まさか、タランドゥスも?



これだけ削っていれば大丈夫?
餌を食べている形跡は全くありません。


昨年8月購入のWDアトラス。
フセツが1本しか残っていないので、
いつみても転んでいます。
毎回ハラハラです。

これって...

今日は、朝からいろいろと作業をしていました。ネタ不足なので、もったいぶって小出しに記事を書きます。

クルビデンスの産卵セットです。
産んでる感じはありませんが、餌を食べてる様子もありません。
材を持ち上げてみると...。



写真だとわかりにくいのですが、寝床ですか?なんでしょう?
産卵の為というより、隠れ家みたいな感じです。
ひとまずそのままです。

そういえば、♂の写真のせてなかったので。

一婁の望み

実は、先日タランドゥスの♀が脱走しました。蓋の閉まりが甘かったようで、
産卵材に登り蓋をこじ開けたようです。
結構な音がしていたので、翌朝様子を見るとケース外に。

昨夜、ケースを見るとまたいない!
逃げたか?でも蓋はかっちり閉まっています。あれ?
材の下か?持ち上げてみると...。
材の底面に♀が!しかも、自分の体がすっぽり収まるくらいの穴を開けて、へばりついていました。
これは、期待していいのか?
ただの寝床だったりして。
見なかった事にしてそっと戻しました。

タランさん、ワクテカして待っててもいいのか~い。どうなんだ~い。

温度を下げた途端なんですよね(たまたまだと思いますが)
タランを購入した「むし博士」さんの店内は、23℃管理だったはず(バックヤードはわかりませんが)
幼虫時代を過ごした温度に適温が変化していくものなんでしょうか?


結論

タラン産みません。

今、簡易温室にて成虫・幼虫を飼育しています。
タランの為に温室内の温度を上げていましたが、22~23℃で管理したい
幼虫などがいるので一旦温度を下げ、あと2か月ほど成熟を待つことにします。
その頃には、新居に引っ越しており温室に頼らず温度管理ができるように
なっているはず。

ただ、平日は時間がないので次の土曜日に諸々の作業をあわせて行う予定です。
①タランの産卵セット解除
②ニジイロ割出
③ペレメタ再割出(前回見落としがないかの確認)
④各メタリ2令幼虫の菌糸投入
その他、エサ替え・成虫のマット交換など

ペレメタの♂が蛹化しました。
800ccボトルでマット飼育です。
ボトル底に蛹室を作ってしまったので、ボトルを逆さまにしておきました。
先に羽化した♀3頭も後食始まったので、無事に羽化してね。

効果あり?

タランドゥスの産卵に関して、温度のアドバイスや参考記事がありました。そこで、設定温度を1度UP!そして、ピタ適に密着。
で、まずはペアリング。
2回目のペアリングから、猛烈に♀が拒絶していたのですが...メイトガードを確認しました。しばらく様子を見て産卵セットを組もうと思います。

クルビデンスおまえもか

産卵セットを組んでいたクルビデンスですが、♀の姿を見かけたので回収。材を見てみると、産んだ形跡なし!
ガリガリ音がしていたので、密かに期待していたんですが。ペアリングも、上手くいっていたかどうか怪しかったのでしょうがないですね。
♂は、3年くらい生きるらしいですが、♀はどうなんでしょう?3月で羽化1年です。

話変わって、羽化したペレメタの♀の1頭が後食を始めました。
♂の幼虫は、どうやら前蛹です。
ペレメタは、抜群の安定感。

3頭目羽化

ペレメタ3頭目の♀が羽化しました。
こちらも、完品羽化でした。

あとは、♂幼虫1頭となりました。

そして、タランドゥスの♀ですが
材を変え、湿度を調整し、再ペアリングと色々と手を尽くしましたが、産みません。
成熟が足りないんでしょうか?
一旦、産卵セットを解除しもう少し成熟をさせてみます。

ニジイロクワガタ仮割り出し



タランドゥスが見向きもしなかった、爆卵棒キューブ。
産んでいるだろうとは思っていましたが、不安だったので軽くバラしてみました。

初めての材?体験でしたので慎重に解体を進めました。
あちこちに坑道ができていて、表面からは見えませんがかなり中まで
潜っている事に驚きました。掘ったところにクズや、マットを戻したり凄い労力ですね。
これは、大切に育てねば。
軽く崩したところで、3個ほど卵を見つけたのでひとまず中断。
まだまだ、産卵床がありそうでしたので
孵化した頃を見計らって、割り出ししようとおもいます。

ペレメタ羽化

幼虫で購入・飼育していたペレメタの幼虫です。記事にはしていませんでしたが、4頭中3頭が蛹化していました。てっきり♂3だと思っていたんですが、最後の幼虫が先の3頭より明らかにデカイので、どうやら♂1♀3で確定のようです。

蛹化している2頭ですが、12月の下旬頃羽化しているようでした。窓がふさがっていました。

掘り出してみると



無事に羽化していました。
プリンカップに水ごけ管理です。

かなりストレスの多い環境にも関わらず、無事に完品羽化です。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】