恒例行事

まずは、僕の実家にきました。
北海道のVゾーン、セクシーな地域です(?)

一時は、町民よりも馬の頭数の方が多いなんて
都市伝説もありました。
有名な馬産地です。

そして、恒例の行事。


去年までは、エサの販売もしていたんですが
今年はなし。
食パン持参でいきました。



白鳥の動きが鈍すぎて、カラスと鴨たちに
ほぼ食べられてました。


したっけねー!

スポンサーサイト

ターミナス

2014年のクワカツ、虫ネタはこれでラストです。
これから、恒例の両実家を廻るツアーに
旅立ちます。

行った先でネタがあれば、記事を書くかもしれません。

それでは、今年最後の虫ネタ。
ドゾー。

偶然発見。
衝撃の同性愛。
交尾器も確認できました。


彼の報われぬ愛の終着駅は?

今年最後がこのネタ…

皆様、一年間ありがとうございました。
良いお年を~。

したっけねー!

メタリの杜 feat.パプキン

テラリウム内のKHKがお亡くなりに
なってしまいました。

現在のテラは、4月羽化のヘラヘラ、
グリーンのニジだけと、現場はおサムイ状況。
こんな時こそ、今最もアツイ彼らに盛り上げて
もらいましょう。
ダンスホールチェッカーこと、サンギメタリです。

♂6頭投入。






そんなこんなしていると、パプキンが自分も
混ぜろとばかりに、ブンブン飛びはじめました。

と、いうわけでパプキン投入。
速攻でヘラヘラに喧嘩をうってました(笑)



なぜか大集合


テラは、やっぱり面白いです。


したっけねー!




Judge

穿孔から約1カ月経過したタラ。

ついに割り出すことにしました。






終了。\(^o^)/オワタ

飼育終了種に認定されました。

したっけ!




I・I・W・A・K・E

テイオウ♂の第1号が羽化しました。



10/29 29.4gの1番のチビです。
サイズは、全く期待できません。
そもそも、6月頃孵化で幼虫期間5ヶ月程です。
大事な事なので、もう一度言います。
幼虫期間5ヶ月程です(必死)

これでデカイのが出るわけがないんです(超必死)

もう一度言って...しつこいですね(笑)


他の蛹も確認しましたが、羽化が近そうなのは
ありませんでした。
羽化のラッシュは、もう少し先のようです。

まあ、他の蛹も幼虫期間5ヵ月...もういいって(笑)


したっけね!

先に立ってほしかった(切実)

10月に羽化した、テイオウの♀が活動を
開始しました。


意外と、休眠期間が長くてびっくりです。
でもこのタイミングでよかった。
年末年始は、ずっと出かける予定だったので。

♀は、10頭のうち6頭がオクに流れました。
まさか、♂がこんなに早期蛹化するとおもってなかったので。
ペアだったら、里子でもオクでも楽だったのにな。

ちょっと後悔。




白×黒

我が家には、良い子にプレゼントを届けて
くれる白いサンタと、悪い子のオモチャを
持って帰る、黒いサンタの言い伝えがあります。

最近、長男が全く言うことを聞かないので、
今年は黒サンタしか来ない、と冗談で
話していました。

が、なんと


白いのキター!

しかし、長男のオモチャがかなりなくなっていました。(全然片付けないので、奥さんが捨てたがってたやつ)

これは、黒いのも来たのか?
目撃者の話では、女性のような姿だったとか?!

今年は、まさかの白黒ダブル共演。
うちだけサーセン。

昨日は、札幌もかなり雪が積もりました。
庭の雪山もヤバイことになってきたので、
そろそろ排雪を頼まなければ。



したっけ!






新料理長就任

新温冷庫の肝が届きました。



温度コントロールキットです。
キットと言うだけあって、組立は自分で
やらなければなりません。
ペルチェ素子も3枚付属です。


必要な道具も購入しました。
電子工作は、中学校以来?
要練習ですね。

時間をみて組立、ペルチェ素子の温度実験を
経てユニットの作成にとりかかります。
年内時間あるかな?


話し変わって、
今、セットを組んでいるパプキンとメタリ。
エサを食べている様子がないので、潜って
くれているようですね。
まず、一安心。

ボッチ from 38P-1

先日、メイトガードを確認したメタリ。
今までの経験だと、こちらで引き離さない限り♂♀離れることは
なかったのですが...

ケースを覗いてみたら
♂が一人ボッチ。
えっ?

なんで?
よく見ると、♀は砕けたイビペレの中に
潜っている模様。

これをどう捉えるか迷いましたが、
♀をセットに移しました。



多分、産みたがってるのではないかとの判断です。

これまでメタリの場合、小ケースでセットを
組んでいましたが、今回は中ケースです。
いつものように2週間ほどで♀を抜き、
そのまま常温で管理。
1か月ほど経過してから、徐々に温度を下げて
いきます。
セットのまま、2令中・終期くらいまで引っ張り、
個別飼育に切り替えようという作戦です。

きちんと産んでくれているという前提なので、
産んでなかったら...
は、考えません(笑)

と、いうことで自作冷温庫をなんとかしなくては。

したっけねー!





誇り

飼育を始めてから、格段に伸びたスキルが
あります。
恐らく、全国のブリーダーさんの中でも
多分トップクラス

そのスキルとは、

コバエ退治。

まるで第3の眼が開眼したかのような、
コバエセンサーのごとき眼力。

コバエの次の動きを読む、洞察力。

大きく開いた掌で空間ごと切り取り、
コバエを天へ還す…指揮者の如き手業。
そして、双をなす一撃必殺のクラップ。

時々 前世は武蔵か?と思うほど。

いやいや、コバエ出さなければいい話でしょ?
とか、言わないの~。

今日も下らないネタに、お付き合いいただき
感謝感激雨嵐でございます。
雨嵐?



先日、うちの奥さんと娘が札幌ドーム公演に
行ってきました。
昔は、こういうグッズを写した写真や、
雑誌の記事を写した写真ですら事務所の
削除対象だったらしいです。

それにしてもネタがない。












 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】