問題はそっちじゃない

先日蛹化した、ムニスゼッチ♀ですが
20170131063408867.jpg
久々に見てみたら、↑のようにおかしな色になってます。
あ、
画像加工してましたね。
わかりやすく説明すると、ヘラクレスの3令幼虫の糞より
一段ライトな色です。いずれにしてもお見せできるような色ではありません。
念のため、少し様子を見ることにしますが、死んでいるような気がします(汗)


と、いうことで
ヘラクレス幼虫、最後の2頭の交換をしました。

交換対象のこの幼虫ですが、なにかおかしい。
これまでだと、容器の蓋をあけた際にマット上部に少数ながら糞が
ありました。
が、この幼虫中まで掘ってみても、糞の量が少なすぎる(背中冷汗)

28/08 23.5g
28/11 75.7g
20170131063404724.jpg
今回のマット交換とおして、初の減。

続いての幼虫
こちらは大丈夫そう...かな?
20170131063405426.jpg

28/08 22.5g
28/11 78.6g
201701310634061e6.jpg
これも100gに届かず。

個人的には、残念な結果となりましたが、概ね順調です。
成長の悪かった幼虫も、♂8頭のうち1頭ですから、許容範囲では
ないでしょうか。

これで、交換用マットを入れていたコンテナが作業スペースから
消えました。これで、作業効率アップ!
が、次の作業が ない!

成長不良より、蛹で死んでるよりそっちが問題だ...。




にほんブログ村
スポンサーサイト

だが未定

マット交換を躊躇っていたら、サタンが蛹室を作り始めました。
見える場所に♂が作っていたので、姿の見えない♀も多分...
死んでいなければ。


と、いうことで
やっとヘラクレスのマット交換ができました。
と言っても時間の都合で2頭です。

まずは、期待の1頭から
201701300807410ba.jpg
うーん、微妙...
期待してたんですけどね。

...

....

あ!
いつもの癖でモザイクをかけていましたね。

28/08 19g
28/11 83.7g
201701300608337d4.jpg
いや~微妙。

つづいて
28/08 20g
28/11 71.6g
20170130060836074.png
100gすらいかないという。

以前も書きましたが、今回の交換で目標120g、最低でも100gと目標を
設定していました。
これは、惨敗の予感しかしない。
残りの2頭は、せめて最低ラインの100g超えを!

ただ、最後の2頭の交換は...いつ?





にほんブログ村

日曜の醍醐味

娘のリクエストで、今シーズン3度目のスケートへ行き、
お昼過ぎに戻ってきました。
20170129125640a82.jpg

201701291256424c0.jpg
私的には、一日中滑っていたいぐらいなんですが、
息子がね。
足痛いとか、帰りたいとか...。

さてさて、ヘラクレスのマット交換をしたいところですが、
妻から娘の勉強を監督するよう命ぜられ、2時間ほど勉強。
時、分、cm、mmなど、単位を統一しないと計算できない
問題が苦手なようです。

勉強後、やっとヘラクレスのマット交換...と思いきや
次は夕食作りを命ぜられました。
手伝いを申し出た娘と一緒に、肉じゃがを作りました。

夕食後は、再度娘の勉強。

ヘラクレスのマット...






にほんブログ村

武藤・和田・変態仮面

昨日は、会社の新年会で温泉1泊。
201701272303571bc.jpg
どうでしょう、和気あいあい楽しげな様子が伝わりますでしょうか。
20170127230356fac.jpg
なんと、武藤、和田、変態仮面がサプライズ登場。
20170128080829658.jpg

会場を大いに沸かしてくれました。

二次会の居酒屋にて。
201701272303543f5.jpg

2017012723035128c.jpg




にほんブログ村

蒼い春

マットのガス抜きのため、ヘラクレスのマット交換が中断しています。

タランドゥスのボトル交換も、残りの3本はまだ尚早。
ネタを探して、各種容器を物色していたら

11月孵化のヨツボシ幼虫が蛹室を作っていました(汗)
201701270003485ec.jpg
まだ3ヶ月。いやいや、ペレメタの♀じゃないんだから(冷汗)

この1頭だけかと思ったら
201701270003507ff.jpg
数頭いました。

同じ孵化時期でも、モリモリ食って、ブリブリ糞をしている幼虫も。
2017012700035153b.jpg
そもそも、昨年6月孵化組が、ちらほら羽化し始めたこの時期。
なんだろう、この感じ...。
累代体制が盤石になると思えば...いい...のか?

と、いうわけでグラシロ奇跡の1頭(百数個の卵から唯一孵化した)が
羽化していました。
20170127000353bc2.png
わかっていたけど♀です。

本当は、このレジェント的な成体で累代したかった。




にほんブログ村

わたし、わたし、立てたわ...! マットが...マットが立ってる...うわーん

今朝は幾分暖かいですが、昨日まで寒かったですね。
北海道では、最低気温-32℃なんてところもありました。

何度か、「外においてあるマットが凍る」なんてことを書いてきましたが

こんなかんじですね↓
20170126063408cea.jpg
ヘラクレス用のマットが足りなくなったので、補充しているところです。

完全に袋からとりだしても
20170126063430527.jpg
キャー!マットが勃ってる!!

と、いうことでタランドゥス幼虫を2本目の菌糸へと移しました。
5頭のうち、半分以上喰いあげていた2頭だけです。
20170126063404c58.jpg
堅くて掘りにくいのと、勢い余って幼虫を傷つけるのが嫌なので、ボトルを
破壊しました。

201701260634051da.jpg
ラベルには、10/29割り出しとありましたので、おおよそ3ヶ月
2017012606340623b.jpg

♀っぽい気が↓
2017012606340292a.jpg
本来であれば、むし博士のギネスカワラを使いたかったのですが、
既製品は1,400ccまで(それ以上は受注生産)なので、今回は
北海道が世界に誇る菌糸界の雄、北斗恵栽園の2,000ccを使いました。

残る3本も近いうちに



にほんブログ村

怪進撃

「100gUPはあります」

あの涙の会見(?)の翌日、次なる2頭の交換を行いました。
決して、出し惜しみではないんですよ。
なかなか作業時間がとれないんです(汗)

まずは、
28/8月 18.5g
28/11月 73.2gときての
2017012408222310f.png
マジか...。ギリ90gっていう。

続いて、
28/8月 16g
28/11月 76.2g
20170124082224aaf.png
4頭目にして、ようやく100g超え。

ただ、最初の90gの方が糞の量が多く、マットもかなり減っていました。
どして?

さぁ、残り4頭。
ちまちま交換すっぞ!



にほんブログ村

U100

先日掘り出した、ムニスゼッチコフキの前蛹が
20170123200239922.jpg

蛹化しました。
何の因果か、これでペアになりました。

終了がアナウンスされていますし、♂が先日からエサを食べ始めて
いるので、間違ってもブリードはありませんけどね。

と、いうわけで
ヘラヘラのマット交換後半戦です。
今回から♂の交換に入ります。

まずは、
28/8月 15g
28/11月 65.7g
20170122185211528.jpg

そして、
28/8月 未計測
28/11月 74.4g
20170122185212424.jpg

いずれも昨年6~7月に孵化した幼虫。
今回、最低でも100g、あわよくば120g...と淡い期待を抱いていましたが
最低ラインにも届かず。

交換待ち幼虫は、あと6頭。
でるか!?100g超え



にほんブログ村

take2


この時期、短時間の使用でも水道が凍結します(経験あり)
水道が凍るんだから、ホースなんていうまでもないですね。
先日も書いたとおり、洗浄待ちの容器で作業スペースがヤバイことに
なっています。

ただでさえ狭いシューズクローク。
家族からの苦情が出る前に手をうたなければなりません。

洗い物のほかに、床を占拠しているもの...アレだ。
できれば、その時が訪れるまで手をつけたくはありませんでしたが
アレを片付けるしかないでしょう。
20170122024729662.jpg
腐快なカビと、雑虫の腐海、そして深い瓶底蛹室からの救出という名目で
掘り出し決行!
現れたのは...

わずか0.1gの差で最大幼虫の称号を逃した、24.4g
20170122024731499.jpg

20170122024732fe8.jpg
安定の中足超えの顎。

続いて
2本目投入時23.1g
2017012202473054a.jpg
太い。
そして、どの♂よりもスタイリッシュな顎。
先の蛹が華奢に見えてしまいます。

華奢だが、私好みのシャープな蛹、マッチョボディとスタイリッシュな顎を
併せ持つ蛹。
楽しみすぎます。

残るボトルは♀があと2本。いずれも羽化を確認しています。
こちらは、様子をみながら掘り出す予定です。

今期のババオウゴン、まだまだ楽しみは終わらない。

あれ...?

これってデジャヴ?

いえ、take2です。

したっけ!





にほんブログ村

美辞麗句の匙

外での洗い物ができない事から、洗浄待ちの容器・ケースが
作業スペースの大部分を占拠している。

家族共有のスペースでもあることから、苦情が出る前に
迅速な対処が必要だと判断する。

非常に不本意ではあるが、あのボトルの撤去に踏み切った。

あの黒瓶...
一部、カビの繁殖もみられる。見目・雑虫の跋扈・スペースの問題、
そして瓶底蛹室という後付けの御託を並べ、正当化を図る。

急遽、オアシス蛹室作りに着手。
ここ数年で一番上達したであろうスキルを駆使、4室を作成する。

黒化したオガとカビ、雑虫の海原へと匙を進め
2本目投入時22.4g
201701210855095a0.jpg
中足より長い顎に安堵する。

続いて
2本目投入時20.3g
20170121085510026.jpg
太い。
先の蛹より明らかにがっしりとした体躯。先の蛹が華奢にみえてしまう。
20170121085511cde.jpg
華奢だが、私好みのシャープな蛹、ガチムチラガーマンタイプの蛹。
羽化後の姿を思い浮かべ、一人高揚する。

残り2本の掘り出しを明日へ持ち越し、匙をおさめる。

今期のババオウゴンは、意外な楽しみを味あわせてくれそうだ。




にほんブログ村

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】