多因性集団死症候群

前回までのクワカツ

産卵、孵化、1回目のマット交換と順調だったモンゾーニコフキ。
蛹室を作り始めた幼虫も多数。
まさに順風満帆。
が、しかし...


モンゾーニの幼虫を眺めていたら
20170312205329e10.jpg

201703122053284ab.jpg

マット上部で蛹室を作っていた4頭が、白いヴェールを纏い
異臭を放つ存在へと転化していました(汗)

この4頭に共通するのは、
・元多頭飼育だったこと
・シューズクロークの中でも少し低温の場所に置いていた
・マット上部に蛹室を作っていた。酸欠気味?

死因に心当たりがありすぎです(汗)


ちなみに、シューズクローク内の高い位置(温度的にも若干高い)の幼虫は
1頭も死んでいません。
20170312205326b41.jpg
こちらは安定した状態。

今までの飼育経験では、マット上部に蛹室を作るという事が
なかったので、今回の件は異常事態ですね。
来期以降の課題です。

次回、羽化報告でまた会いしましょう

したっけ!




にほんブログ村
スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】